#メイク・レッスン

ボサボサ芋っぽ眉から卒業!すっぴんでもキレイな眉毛の整え方

投稿

更新

Misaki

3574view

LINE

眉毛は顔の印象を左右するとっても大切なパーツ。ボサボサな眉毛は清潔感がなく、垢抜けない印象になってしまいますよね…。そこで今回は眉毛をキレイに整える方法をレクチャーします!ぜひ記事を参考にして、すっぴん美眉をつくってみてくださいね♡

知っておきたい!理想の“美眉黄金比率”

眉毛を整える上で一番大切なのが眉の形。

まずは美人見え間違いなしの“美眉黄金比率”をご紹介します♡

眉頭

眉毛の形を決めるうえで一番大切なのが眉頭。

小鼻の端から眉への延長線上(1)を眉頭に設定すると、鼻筋もキレイに見えて目鼻立ちがハッキリとした印象になります。

わかりにくい人は、目頭の真上のところを眉頭に設定してみてくださいね!

眉山

イラストのように黒目の輪郭の外側(2)と目尻側の白目の間(3)に眉山をつくるのがポイント。

眉山が高すぎたり低すぎると垢抜けない印象になってしまうので、できるだけ平行で、なめらかなカーブをつくることを意識してみましょう♪

眉尻

眉尻は小鼻から目尻を結んだ延長線(A)と眉頭の下の水平線(B)が交わるところに描くのがベスト!

眉頭の下と同じくらいの高さにすることで、ナチュラルでキレイな眉毛に仕上げることができますよ♡

眉毛を整えるために必要なものは?

まずは眉毛を整えるために必要なアイテムを用意しましょう♪

道具_イメージ

・アイブロウペンシル

・コーム or スクリューブラシ

・はさみ

・カミソリ or シェーバー

すべて100円ショップやドラッグストアなどで安く手に入れることができるアイテムです!

手にとりやすい価格のものや自分が使いやすいものを選んでみてくださいね♪

眉毛の形を整える

美眉を決める重要なポイントが眉毛の“形”。

美眉の黄金比率を参考にキレイな形を描いていきましょう!

①眉毛の毛並みを揃える

アイブロウペンシルをあてる女性_イメージ

コームやスクリューブラシで毛並みを揃えていきましょう。

眉頭は上向きに、眉の真ん中から眉尻は横に向かってとかします

毛並みを揃えておくことで輪郭を描きやすくなりますよ♪

②眉毛の輪郭を描く

次にアイブロウペンシルで普段通りに眉毛の輪郭を描いていきます。

先ほど紹介した黄金比率を参考にして顔にアイブロウペンシルをあてながら、眉頭・眉山・眉尻の位置に目印を描いておきましょう

目印の点を繋げるとキレイな形をつくることができますよ♪

③はみ出ている毛を剃る

剃刀をあてる女性

アイブロウペンシルで描いた眉毛の形からはみ出ている毛をカミソリやシェーバーを使って剃っていきましょう。

生えてこなくていい眉下の部分は毛抜きで処理してもOKです◎

剃ったところがカミソリ負けで赤くなってしまったら、水で濡れたタオルなどで冷やしてしっかり保湿しましょう!

眉毛の長さを整える

形がキレイでもボサボサだと残念な見た目に…。

最後に眉毛の“長さ”を整えて美眉に仕上げていきましょう♪

①眉毛をとく

アイブロウペンシルをあてる女性_イメージ

眉をカットしやすくするためにコームやスクリューブラシで毛並みを揃えておきましょう。

②とかしたときにはみ出る毛をカットする

眉バサミをあてる女性

コームやスクリューブラシを上に向かってとかした時に、はみ出た毛をはさみでカットします。

短く切りすぎると部分的に薄く見えてしまうことがあるので、少しずつカットしていきましょう。

眉頭は少し短くても問題ないですが、眉尻は自然に流れるように長さを残しておくとGOOD◎

眉毛をキレイに整えて垢抜け眉をGETしちゃお♡

眉毛がキレイに整っているとメイクをするときも描きやすくなるし、なによりすっぴんでも自信が持てる!

今回ご紹介した眉毛の整え方のコツを掴んで、芋っぽボサボサ眉とおさらばしましょう!

関連記事

悩みを
教えて!