#メイク・レッスン

”マスク映え”がキーワード。1日中盛れる&崩れにくいマスクメイク術

投稿

更新

Rena

206view

LINE

「マスク美人」になれるかも♡見えるパーツのメイクテク

マスクメイクにおいてアイメイクは顔の印象を決める最も重要なポイント。
最初にマスクをつけていてもしっかり盛れるアイメイク術をご紹介していきます♡

【眉メイク編】

マスクをつけているときの眉メイクでは眉下眉尻が大切なポイントになります。

薄くボヤっとした眉毛は、全体的にあか抜けない印象に…。
眉下のラインと眉尻をはっきり描くと、立体感のある眉毛になり、目元を明るく見せることができますよ!

また、眉尻は横からも美しく見えるようにスッと細めに仕上げましょう♪

【アイメイク編】

目元は唯一マスクで隠れていないパーツなのでしっかり盛りたいですよね!
ですがマスクをつけていると、自分の呼吸による湿気でベースメイクだけでなくアイメイクも崩れやすくなってしまいます…。

メイクをしっかり密着させるメイク術とあわせて、ヨレを防止するおすすめアイテムもご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

アイシャドウ

アイシャドウを塗る前に、まぶた全体にアイシャドウベースを塗りましょう!
下地を塗っておくことで、色がしっかり密着し、ヨレを防ぐことができます。

まぶた全体に単色の濃いカラーやラメ感の強いシャドウをのせると目元をハッキリと見せることができますが、ラメが大きいものは密着度が低いため、できるだけラメが細かいものを選びましょう。

リキッドアイシャドウはテクスチャーが柔らかくヨレやすいため、パウダータイプがおすすめです!

アイライナー

アイシャドウを塗ったら次にアイラインを引きます。
アイライナーには様々な種類がありますが、汗に強いウォータープルーフ処方のリキッドアイライナーはメイク崩れしにくいためおすすめです!

目のキワや目とまつ毛の間を埋めるように引くと、自然に目を大きく見せることができますよ♡

まつ毛メイク

ビューラーでまつ毛を上げたら、根元から中間にかけてしっかりマスカラ下地を塗っていきます。

マスカラ下地を塗っておくと、マスカラを塗ったときにまつ毛にボリュームが出て、カールを長時間長持ちさせることができますよ♪

下地を塗ったら、まつ毛の根元から上に向かって一回でサッとマスカラを塗りましょう。

ウォータープルーフマスカラは汗に強くにじみにくいためおすすめです!

マスクを外しても可愛いポイントメイク術とアイテムの選び方

せっかくメイクをしてもマスクで隠れてしまうし、色移りしてしまう…。
だけど、食事など急にマスクを外さなければいけなくなったときに、チークやリップをしていないと顔色が悪く見えてしまいますよね。

最後に、マスクに色移りさせないチーク・リップメイクの方法アイテムの選び方についてご紹介していきます!

【チークメイク編】

ファンデーションを塗った後、フェイスパウダーをはたく前にチークをのせていきます。

目の下からマスクをつけたときに少し見えるくらいの位置までななめ上に向かって塗ることで、顔を明るく健康的に見せることができますよ♪

頬はマスクに触れやすくマスクに色移りしやすいので、最後にパウダーで抑えておきましょう。

チークの選び方

マスクにつきにくくするためには、肌にしっかり密着してくれるリキッドチークか、硬めのテスクチャーのクリームチークがおすすめです。

パウダーチークを使いたい方は、クリームチークのようなお肌にフィットしやすい質感のものを選んでみてください♪

【リップメイク編】

リップを塗ったら、指でトントンとなじませるように塗り広げていきましょう。リップブラシでもOKです◎

指やブラシを使うことで、リップがしっかりと唇に密着してくれます。最後にティッシュを唇ではさんで軽くオフすると、より落ちにくくなりますよ!

リップの選び方

マスクメイクのときは、リップティントやスティック型のティントリップなど、しっかり発色して落ちにくいものを使いましょう。

グロスなどみずみずしい質感のものは色落ちしやすく、マスクに色移りしやすいため、あまりおすすめではありません。

高発色で唇にフィットしやすいマットタイプもおすすめですよ!

マスク映えメイクで印象も気分もアップしちゃお♡

せっかくメイクをするなら、マスクを外したときだけでなくつけているときも可愛くいたいですよね!

マスクの着用によるメイク崩れやヨレを防げるマスクメイクテクを実践して、マスクをつけているときでも可愛いメイクを楽しみましょう♡

関連記事

悩みを
教えて!