#身体のこと

サラつやヘアはつくれる♡お金をかけずに美髪になる方法

投稿

更新

Rena

90view

LINE

サラつや髪にするとこんなメリットがある!

まずはサラつやヘアのメリットを知って、美髪ケアのモチベーションを上げていきましょう♪

スタイリングがしやすい

サラサラなつやのある髪の毛は、スタイリングがしやすく、仕上がりもキレイに見えます。髪を結ぶ場合はさっとまとめやすく、髪を下ろす場合はまっすぐなストレートスタイルを簡単につくることができます。
学校に行く前や友達と遊びに行く前に、時間をかけず楽にセットできるのはうれしいポイントですよね♪

清潔感のある印象に♡

髪の毛は相手に与える印象を大きく左右させる重要なポイント。せっかくオシャレをしても、髪の毛が傷んでパサパサしていると、全体的にイメージダウンしてしまいます。ツヤ髪をつくって、キレイで清潔感のある印象をゲットしましょう♡

髪をキレイにするためにするべきことは?

次に、今日から実践できる髪をキレイにする3つの方法をご紹介♪

髪質に合うシャンプーを選ぶ

髪の毛をキレイにするためには、自分の髪質に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。まずは自分の髪質の特徴や髪の毛の悩みをもとに、自分にぴったりなシャンプーを見つけてみましょう!

髪が太く量が多い

髪一本一本が太く量が多い方は、天然オイルや保湿成分が含まれているものを選びましょう。天然由来のオイルは硬くパサついた髪をやわらかくする効果があります。また、保湿効果の高いものは髪をしっとりとまとめ、広がりを抑えてくれるのでおすすめです!

髪が細く量が少ない

髪の毛が細く全体的にボリュームがないという方は、天然成分が配合されているものや、ノンシリコンシャンプーがおすすめです。天然成分が含まれているものは髪の毛に栄養を与え、ハリ・コシのある髪にしてくれます。また、ノンシリコンシャンプーは、髪のキューティクルを保ちながらふんわりと仕上げてくれるため、髪がぺたんこになりやすくボリュームが欲しい方におすすめしたいシャンプーです。

くせ毛

くせ毛が気になるという方は、洗浄力が弱いアミノ酸シャンプーや、トリートメント効果のあるシャンプーを選びましょう。洗浄力の高いシャンプーは、髪を傷めて、さらにうねりがひどくなってしまう可能性があります。また、くせ毛の方は髪がまとまりにくいので、髪に水分補給し、しっとりと保湿してくれるトリートメント成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。

生活習慣を改善する

生活習慣の乱れは、体だけでなく髪の毛にもダメージを与えます。まずは日々の生活習慣を見直してみましょう。

バランスのいい食事をとる

偏った食事をとっていると、髪の毛の栄養が不足してツヤのないパサついた髪になってしまいます。髪をキレイにする効果がある、たんぱく質・ビタミン類・亜鉛が含まれている食べ物をバランスよくとってツヤツヤな美髪をつくりましょう!

●たんぱく質・・・肉、魚、乳製品、大豆
●ビタミン
・ビタミンA・・・野菜(かぼちゃ、にんじん、ほうれん草など)
・ビタミンB6・・・青魚(マグロ、サバなど)、牛肉、鶏肉、バナナ
・ビタミンC・・・野菜(かぼちゃ、キャベツ、ブロッコリー)、果物(いちご、キウイなど)
●亜鉛・・・貝類(アサリ、牡蠣、ホタテ)、うなぎ、卵、納豆

質のいい睡眠をとる

睡眠の質によって髪質も大きく変化します。髪には「ゴールデンタイム」(夜10時から~深夜2時)と呼ばれる成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯があります。眠りについて3時間くらいが成長ホルモンの分泌がピークになるため、5~6時間の深い睡眠をとることが大事です。
ただ、就寝時間が不規則になると眠りが浅くなってしまい、質の高い睡眠をとれなくなるので、毎日できるだけ同じ時間に睡眠をとることを心がけましょう!

適度な運動をする

髪の毛をキレイに保つためには、頭皮の血の巡りをよくすることが大切です。そのために、日ごろから適度な運動を行って体の血の巡りや代謝を上げると、頭皮から髪の毛にしっかりと栄養が届き、美しく健康的な髪をつくることができます。
激しい運動をする必要はないので、まずはジョギングストレッチなどから始めてみましょう。

髪にダメージを与えない

日頃行っている行動が髪にダメージを与えている可能性もあります。少しだけ行動を変えることで、サラサラな美しい髪に一歩近づくことができますよ♪

正しいブラッシングをする

ブラッシングの仕方によっては髪を傷つけている可能性があります。髪をとくとき、ほとんどの方が髪の毛の根元から下に向かって1回でサッととかしているとのではないでしょうか。しかしこのブラッシングの仕方こそ髪にダメージを与えるNG行動なのです…!
上から下に一気にブラシを通すと、毛先が絡まったり抜けたりしてしまうため、毛先→中間部分→根元の部分の順にとくことで、頭皮や髪の毛が傷むのを防ぐことができますよ。

紫外線対策をする

美髪をつくるためには日焼け対策をすることが大切です。肌と同じように髪の毛も紫外線によってダメージを受けやすいのです。髪の内部まで紫外線が入ると、髪がパサパサして指通りが悪くなったり、ツヤが失われてしまいます。
日傘帽子を使用したり、髪用の日焼け止めスプレーを使って紫外線から髪の毛を守りましょう!

バスタイムの前後が重要!正しいヘアケア方法

お風呂に入る前と入った後のケアの仕方は、美髪をつくる上でもっとも大切なポイントと言っても過言ではありません。正しい髪の洗い方から乾かし方まで詳しくご説明していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

正しい髪の洗い方

STEP.1 洗う前にブラッシングする

シャンプーをする前の乾いた髪をブラッシングしましょう。汚れや毛先の絡まりをとっておくことで、シャンプーが泡立ちやすくなるだけでなく、髪の汚れをしっかりと落とすことができますよ。

STEP.2 お湯で髪の汚れを流す

まずは髪の毛を36~38度のお湯でしっかり流しましょう。お湯だけで髪の汚れの8~9割は落とすことができます。しっかりと予洗いすることで汚れが浮いて、シャンプーで洗ったときにより汚れが落ちやすくなりますよ。

STEP.3 シャンプーを泡立てて洗う

次にシャンプーを手にとってしっかりと泡立てて、指の腹で頭皮に揉みこむようにして洗っていきます。爪を立てて洗うと頭皮が傷ついてしまうので注意してください。

STEP.4 しっかりすすぎ流す

シャンプーが終わったら、お湯でていねいにすすぎ流していきましょう。泡やヌルついた感じが残っていると、汚れがたまって頭皮トラブルが起きる原因になるので気をつけてください。

STEP.5 コンディショナーをつける

シャンプーをした後、コンディショナーをつける前に髪の水分をとります。髪が濡れた状態で使うと効果が薄れてしまうので気をつけましょう!
コンディショナーを手にとったらまず毛先になじませ、そこから髪の真ん中あたりまでなじませていきます。
コンディショナーは髪の表面をケアするものであって、長時間置いても髪の内部に浸透させることはできないため、全体につけたら時間を置かずにすぐに洗い流しましょう。

正しい髪の乾かし方

STEP.1 髪の水分をしっかりふき取る

髪を乾かす前にしっかりとタオルで水分をふき取ります。また、濡れている髪はダメージを受けやすいため、髪の毛をこすらないように優しくふき取りましょう。

STEP.2 ブラシで髪をとかす

ドライヤーをあてる前に歯の粗いブラシを使って髪をといておきましょう。乾かす前に絡まりをほぐしておくことで、より髪をサラサラにすることができますよ。

STEP.3 ドライヤーをあてる

髪をといたらドライヤーで乾かしていきます。
まず髪のクセやうねりが出やすい根元の部分を温風で乾かしましょう。
根元が乾いたら、手ぐしで髪の毛を前に引っ張るようにして全体から毛先にかけて乾かしていきます。
近い距離から乾かしたり、一点を集中的に乾かすと髪が傷んでしまうので、髪の毛から10cm以上離したところからドライヤーを揺らしながら風を全体に散らすようにして乾かします。
8~9割ほど乾いたら、最後に冷風をあててキューティクルを引き締めましょう。

風になびくサラつやヘアで可愛さアップ♪

美容室に行ったり、ヘアケア商品を使えばもちろん髪をキレイにすることはできますが、お金をかけなくても食事のとり方や睡眠時間、シャンプーの仕方などを変えることで、サラサラな髪の毛をつくることはできるのです!まずは日々の生活習慣やケアの仕方を見直し、今回ご紹介した方法を実践して、キレイなサラつや髪を目指しましょう♪

関連記事

悩みを
教えて!