#お肌について

これで解決♡マスクによるニキビの原因とケア方法!

投稿

更新

Misaki

331view

LINE

コロナ対策で、マスクをつけて過ごすことが多くなりましたよね。

マスクでお肌が守られていると思いがちですが、実はニキビを発生させていることも…。
今回は、マスクによるニキビの原因と予防方法を詳しくご紹介します♪

マスクによってできるニキビの原因

肌に悩む女性

マスクをつけることによってできるニキビの原因は、5つに分けられます。

蒸れ

青空_換気

マスクの中は、鼻や口から吐く息がこもることによって蒸れてしまいます。

お肌が蒸れると雑菌が増えて、ニキビができやすくなるんです。そのため、こまめにマスクを外して蒸れを逃すことが大切!

人が少ない換気のいい場所でお肌の蒸れを逃がしてあげましょう。

乾燥

ドライフラワー_乾燥

お風呂上がりにお肌がカサカサしたり、つっぱたりしていませんか?その感覚、実はお肌が乾燥しているかもしれません。

特にマスクの中は温度が上がっているため、マスクを外した瞬間、お肌の水分が蒸発し、いつも以上に乾燥してしまうんです。

角質_イラスト

このイラストのように蒸されることでお肌がふやけ、お肌の表面にすき間が生まれます。

この状態でマスクを外すと、お肌の中の水分までもが蒸発し、お肌がキケンな状態に…。

お肌が乾燥すると、バリアする力が弱くなるため、紫外線や雑菌からのダメージを受けやすくなり、ニキビができてしまうんです

マスクをしていれば水分が逃げずにお肌のうるおいが保たれると思われていた方はびっくりですよね。

摩擦

手をこすり合わせる女性

マスクのつけ外しや、ズレを直したりするたびに、マスクの繊維とお肌がこすれ合います。

角層というお肌を守る部分がマスクでこすれるたびに厚くなり、毛穴をふさいでしまい、ニキビの原因に

また、マスクの摩擦によって角層がダメージを受けると、お肌のバリアをする力が弱くなっているんです。

お肌をバリアする力が弱くなったことによって、お肌がデリケートになり、ちょっとした刺激でもニキビを発生させる原因になってしまいます。

繊維による刺激

数種類のマスク

マスクの素材によっては繊維が刺激となり、ニキビができることもあります。

例えば、使い捨てマスクとして代表的な不織布(ふしょくふ)マスクは、布マスクよりも生地が硬いため、摩擦が起きた時のお肌への負担が大きくなってしまいます。

特にお肌が敏感な方は、後半でご紹介している素材を参考に肌への刺激が少ないマスクを選んで、なるべくお肌に刺激がないようにしましょう!

洗剤による刺激

洗濯マスク

繰り返し洗える布マスクは、洗濯しているから清潔だと思っていませんか?

実は布マスクを洗濯すると、繊維に洗剤が残っている可能性があり、洗い残しはお肌の刺激に繋がります。

また、洗濯機での洗濯は他の衣類についている雑菌やウィルスが付着してしまうため、よく布マスクを使っているという方は、洗濯機よりも手洗いでマスクを洗うことがオススメです♪

ニキビ予防のマスクのつけ方!

ニキビの原因となる蒸れ・お肌への刺激をなるべく減らして、ニキビを予防しながらマスクをつけましょう!

そのためにはマスクをつける前とつけている時、マスクをつけた後で工夫が必要です。

マスクをつける前

◇自分に合ったマスクを選ぶ

自分に合っていないマスクだと、ニキビを発生させたり悪化させたりする原因になります。

自分にピッタリのマスクを選ぶために、次の2つのポイントに気をつけましょう。

Point①素材

シルクの布

摩擦や雑菌の増加、毛穴のつまりを防ぐために、マスクの素材にこだわりましょう。

マスクは、不織布(ふしょくふ)より綿100%のガーゼマスクのほうが、お肌にやさしく、通気性も良いのでオススメです♡

綿のほかに、触り心地の良いシルクや、蒸れにくい麻のマスクも販売されています。素材によって使い心地が違うので、自分に合ったマスクを探してみましょう♪



不織布マスクを使う場合でも、内側に綿ガーゼを1枚はさむだけで、お肌への刺激をやわらげることができますよ!

Point②サイズ

マスクの摩擦を減らすために大きめのマスクをつけてしまうとマスクが鼻からズレ落ちてしまったり、マスクと肌の間にすき間ができてしまい感染症対策になりません。

感染症対策とニキビケアのどちらにも効果があるような、自分にピッタリなサイズのマスクを選ぶことが大事なんです♪

<マスクのサイズの測り方>

1. 親指と人差し指でL字形をつくります。

L字型に広げた指_イラスト

2. L字形にした状態で、耳の付け根の一番高いところに親指の先端を当て、鼻の付け根から1cm下のところに人差し指の先端を当てます。

指を顔に当てる女の子_イラスト

3. 親指から人差し指までの長さを測れば、それがサイズの目安になります。

測った指_イラスト

測った長さが
9~11cm子ども用サイズがおすすめ
10.5~12.5cm小さめサイズがおすすめ
12~14.5cmふつうサイズがおすすめ
14cm以上大きめサイズがおすすめ
ぜひ参考にしてみて下さいね!!

ワセリンを塗ってお肌を刺激から守る

二つのワセリン商品

マスクが直接当たる頬の高い部分鼻の頭もみあげフェイスラインはあらかじめワセリンを塗っておきましょう。

ワセリンでお肌の表面にバリアする壁をつくることで、お肌への刺激を減らすことができます!!

また、ワセリンを配合しているスキンケア用品を使うのもオススメです♪

マスクをしている時

マスクの中が蒸れないように、マスクをつけているときも注意△

こまめに汗をふき取る

汗を放置したままマスクをつけるのはNG!

汗の成分はニキビの原因になるので、ティッシュやタオルでこまめにふき取りましょう。

ゴシゴシふき取るとお肌を刺激させてしまうので、そーっとおさえるように優しくふき取ってくださいね。

できれば、水洗いで汗を流すとさらにGOOD◎

必要な油分までうばわないように水洗いで十分!水洗いのあとはキレイなタオルでふきましょう♪

マスクをはずした後

マスクをはずしたあとのケアもマスト!

クレンジング・洗顔を優しく丁寧に♡

洗顔をする女性

マスクをはずしたあとは、クレンジングや洗顔で優しく丁寧にケアを行いましょう。

こすらずに、お肌をなでるようなイメージでやることが大切です!

トワニエール imu Jelly

トワニエールのimu Jellyはジェリー状洗顔だから、マスクで乾燥したお肌をしっかり保湿してくれるのにべたつかないんです!
 
マスクが原因でできたニキビにも、ニキビ予防にも効くので、マスク荒れが気になるって方はぜひ、チェックしてみてくださいね♡

洗顔料

 imu Jelly | イミュゼリー

今すぐ商品をCHECK!

保湿も忘れずに

スキンケア用品

洗顔後の保湿は欠かせません。

マスクを外したあとのお肌は、バリアする力が弱くなって乾燥している状態。なので、化粧水・乳液・美容液・保湿クリームなどを重ねて、水分が蒸発するのをしっかり防ぎましょう!

しっかりケアして、マスクの下のキレイなお肌を育てよう♡

海辺の女性

今回はマスクによるニキビの原因と予防方法をご紹介しました。

マスクを外してもキレイなお肌でいたいですよね。

マスクでニキビを隠すのではなく、ケアと対策をしっかりしてマスクを外すことが怖くないお肌を目指しましょう!

関連記事

悩みを
教えて!