#お肌について

女子中高生の敵“おでこニキビ”を撃退セヨ!予防&対処法を徹底伝授!

投稿

更新

Rena

122view

LINE

なんでできるの?思春期の“おでこニキビ”の原因とは

はじめに、10代に入って増え始める“おでこニキビ”の原因についてご説明します。

成長ホルモンによる皮脂の過剰分泌

おでこにできるニキビの正体の多くが「思春期ニキビ」と言われるものです。10代は成長期のためホルモンバランスが乱れやすく、皮脂の分泌量が増えます。

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、細菌が増殖することで炎症を引き起こします。これが「思春期ニキビ」なんです!おでこから鼻周りのTゾーンは、特に皮脂の分泌量が多いパーツなのでニキビができやすいと言われています。

髪や手などが肌へ触れることによる刺激

雑菌のついた手で顔を触ったり、、前髪がおでこに触れたりすると、それがお肌への刺激となり、ニキビの原因になってしまうことも…。また、ニキビができている場合さらに悪化する可能性があるので触らないように気をつけましょう!

おでこニキビを阻止!日頃からするべき予防法3POINT♡

おでこにニキビができないようにするためには、日頃から正しい方法でスキンケアを行ったり、規則正しい生活を送ることが大切です。簡単にできる3つの予防法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

POINT.1 正しいスキンケアを行ってお肌を清潔に保つ

スキンケア商品の選び方

洗顔料・化粧水・乳液といったスキンケア商品を選ぶときは、できるだけ以下の特徴にあてはまるものを選んでみてください♪

・ニキビの原因となるアクネ菌を取り除く成分が含まれているもの
・テカリやべたつきを抑えられるオイルフリーや油分が少ないサッパリしたタイプのもの
・商品パッケージに「思春期ニキビ」「ニキビ予防」などの表記があるもの

洗顔

皮脂分泌量が多い思春期は、洗顔で皮脂を洗い流してお肌をキレイに保っておくことが大切です。ゴシゴシと強く洗ったり、一日に何度も洗顔をするとお肌のバリア機能が壊れてしまうので、一日に二回、朝と夜だけ洗顔しましょう!

① しっかり手を洗う
② ぬるま湯で顔を軽く洗い流す
③ 洗顔料をしっかり泡立てる(※泡洗顔の場合)
Tゾーン(おでこ~鼻周り)→頬→目元・口元の順にやさしく洗う
⑤ すすぎ残しがないように泡を洗い流す

保湿

肌が乾燥すると乾燥を防ごうとして逆に皮脂が出てしまい、ニキビの原因となってしまいます。顔を洗った後のお肌は特に乾燥しやすいので、化粧水と乳液ですぐに保湿することが大切です。

◆化粧水◆
まずは化粧水を塗ってお肌に水分補給してあげましょう!

① 500円玉サイズくらいの量を手にとり、顔の中心から外側に向かってやさしく広げる
② 肌の奥に浸透させるイメージで、手でやさしく包み込むようにして頬・おでこ・あご・口元になじませていく。
③ まぶたや小鼻、唇の端などのくぼんでいる部分にもしっかりなじませる。

◆乳液◆
化粧水で肌に与えた水分を乳液で閉じ込めて肌の潤いを保ちましょう!

① 乳液を手にとり、手のひらで温めるように広げる。
② 顔の中心から外側に向かって手のひらでやさしく塗り広げていく。
③ 乾燥しやすい目元や口元などの細かい部分にも乳液をのせる。
④ 手のひら全体で頬を包んで乳液を閉じ込めるようなイメージでお肌に浸透させる。

POINT.2 生活習慣を見直してストレスフリーに過ごす

ニキビができる原因の一つが生活習慣の乱れ。規則正しい生活を送って、ニキビのないキレイな肌を目指しましょう!

バランスの良い食事をとる

間食をしたり同じものを食べ続けるなどの偏った食習慣を続けていると、ニキビができやすくなってしまいます。そのため、普段から栄養バランスの良い食事をとることを心がけましょう!

十分な睡眠をとる

肌は一定のサイクルで生まれ変わり、新しい皮膚をつくっています。眠りが浅かったり寝不足が続くと、このサイクルがうまく回らなくなり肌荒れを起こしてしまいます。

規則正しい生活を送ることが美肌への一番の近道です!夜更かしせず毎日早寝早起きを心がけましょう♪

POINT.3 肌に触れるものには気をつける

化粧品

ニキビなどの肌悩みを隠したくて、ついファンデーションやコンシーラーを厚塗りしてしまいますよね…。

厚塗りするとお肌に負担がかかったり、摩擦によって肌トラブルを起こす原因になってしまいます。ベースメイクの厚塗りは避けて、化粧品もお肌にやさしいものを使いましょう!

ハンカチ、タオル

ハンカチやタオルも、お肌にやさしい素材のものを選びましょう。例えば、赤ちゃんの衣類などに使用されるガーゼ素材や、様々な衣類に使われているオーガニック素材などがおすすめです。

シャンプー、トリートメント、整髪剤

前髪をおろしている場合、常に前髪とおでこが触れていますよね。シャンプーやトリートメントのすすぎ残しや、整髪料がつくことでニキビができてしまうこともあります。

そのため、低刺激処方のものや、無添加のものを選ぶようにしましょう。また、洗い流さないトリートメントや、ヘアスプレーやヘアオイルはできるだけ使わないようにしましょう。

おでこニキビができた…!早く治すため2つの対処法

ニキビができたらテンションが下がるし、なにより早く治したいですよね…。次におでこにニキビができてしまったときの2つの対処法をご紹介します。

こまめに水を飲もう!

肌の乾燥を防ぐためにはしっかり水分をとることが大切です。水はカフェインが含まれているコーヒーやお茶よりも体内から排出されるのが遅いため、しっかりと水分補給をすることができます。

最初は大変かもしれませんが、毎日約2リットルの水をこまめに飲むように意識していきましょう!

「イミュゼリ―」で洗顔しよう!

思春期の肌を研究してつくられた、思春期ニキビに特化したゼリー洗顔「イミュゼリ―」。ぷるぷるしたクラッシュゼリーが肌にスッと浸透し、ニキビ菌や皮脂をサラっと流してくれます。

繰り返しニキビができたり、ニキビ跡が気になるなど思春期ニキビで悩んでいる思春期のみなさんにぜひお使いただきたい洗顔料です♪

imu Jelly|イミュゼリー

今すぐ商品をCHECK!

大切なのは予防+対処!“おでこニキビ”とサヨナラして美肌を手に入れよう♡

今回は“おでこニキビ”の原因と、予防法・対処法についてご紹介しました。毎日のスキンケアと健康的な生活を送ることを心がけて、ニキビのないキレイなおでこを目指しましょう!

関連記事

悩みを
教えて!